徒然日々の日常

日々を暮らしていて、思ったことを書いていく、時間をつぶすにはぴったりだが、まったく為にならないブログ。

「おすすめを教えて下さい」とはどういった意味があるのだろうか

あなたのおすすめの○○を教えてくだい

 

と、言われることも少ないですが、なくもないです。
友達と雑談をしているときに、「今おすすめの漫画ある?」「おすすめの曲ある?」など聞いてしまうこともあります。

おすすめの服、ランチ、ラーメン、ゲーム、、、
好きな先輩や尊敬する人のおすすめの本などはチェケラーしてしまいます。

おすすめ、って結局何をしりたいのでしょうか、と少し深堀りしてみるのが今回のお話。

「おすすめは何?」きかれますが、結構レベルの高い質問だと思います。レベルの高いというのは、答えるのが結構難しい、、、という意味です。

例えばおすすめの漫画を聞かれたとします。

鬼滅の刃です。。と答えたいところですが、
日頃読む漫画雑誌はなんなのか
そもそも読むのか
原作は読んでいるのか
ジャンプを知っているのか
友情努力勝利を知っているのか
リアルタイムでみていたか
他に好きなアニメはあるのか


などなど様々な変数を考慮しながら答えるのは非常に難易度が高いです。

訊くなら、こちらも色々質問させていただきますからねスタイルで応えたいと思います。

 

また別角度から見てみてみます。
おすすめを聞かれるときはどういう時かを考えてみました。

1)シンプルに自分の視野や興味関心を広げたい時。
情報やコンテンツへの単順な興味。

 

2)自分の価値観を知ってほしい or 好きな人の価値観を知りたい
単純に好きな人の価値観を知りたいという気持ち。好きな異性かもしれませんし、好きなアーティストや作家かもしれません。その人が大切にしているものを知りたいという人への関心です。

逆に聞かれた時は。自分のこんな価値観を知ってほしい、示したいといういう気持ちが働いているのかもしれません。

 

3)作品を知っているコミュニティに入りたい

例えばですが、村上春樹のおすすめの作品は、と言ったり聞かれたりする時、自身が村上春樹の文学コミュニティーに入りたいという気持ちもあると思います。

作品や人への関心ではなく、自身がどこに所属したいか、どんなつながりを持ちたいか、というところにもおすすめの作品は?と訊くことの背景にあるかもしれません。

 

もし、おすすめを訊くときや聞かれるときに、今のことを頭に入れておくと、質問の意図が見えてきて、少しだけ人生が楽しくなるかもしれません。