徒然日々の日常

日々を暮らしていて、思ったことを書いていく、時間をつぶすにはぴったりだが、まったく為にならないブログ。

忙しすぎると恋愛を忘れられるのではなく無関心になるのよ

芥川龍之介の名言とされる「我々を恋愛から救うのは理性よりも多忙である」というのがあります。
勝手な解釈ではありますが、失恋やら恋愛の揺れや、その時のよくわからない判断というのは救いが必要な状態。そこから抜け出すには「多忙」という取り組みなんだと思いました。

多忙だから恋愛から離れられる。喜びもないかもしれないが、苦しみや妬みや嫉みもない。そういうことだと思いました。

実際に自分が多忙になって思うのは、多忙は恋愛から救うのではなく、多忙は人間的な感情の変化自体を麻痺させてしまうのではないかということです。

多忙となると判断能力や感情の起伏が平坦になり、たんたんとなってきます。

人間らしくの「らいさ」が抜け落ちてくるような感覚です。

何事もバランスかと思います。

気が揺れすぎるのもしんどいですが、揺れなさすぎるのも、それが楽しい日々かといえばそうでもないかもしれません。

何事も面白がれるゆとりが良いのかもしれません。

そうなりたいものです

 

そして日々は続く。

世の中で一番美味しいと思っている餃子がこちらです

世の中ひろしといえど、優れた餃子は限られてきます。

そんな、「あなたは夜のすべての餃子を食べたことがあるのか?」と揶揄されそうですが、単純に今までの人生で食べたことがある中で一番美味しいと思う餃子を言いたいともいます。

それがこれ。

f:id:KAWORU:20210223215807j:plain

丸岡の餃子

丸岡の餃子です。

静岡とか栃木ではなく、宮崎県のお店。

これがいつの日か不定期に実家から送られてくるようになりました。

おそらく、実家が大量にもらったのをおすそ分けしてもらったのを、あまりにも包み隠さずおいしい!といってしまいましたので、気にかけて送ってくれているのだと思います。

店舗には行ったことありません。いつも冷凍のものを焼いて食べております。

特徴は、大量の粉です。

おそらく片栗粉だと思っています。

この粉をある程度パタパタさせて焼くのですが、それでも落としきれない粉が餃子に付着しており、それが最終かりっかりの皮になります。

このカリカリ感がたまらないのです。

気がつけば30個ぐらい食べてしまっています
(言い過ぎました)

 

味というより、このカリカリ感、、、なんなのでしょう。

病みつきになっております。ありがたいことに、だいたい失敗したことがないです。

片栗粉を入れると、失敗するとねちょっとしてしまうことがあるのですが、不思議とそうなりません。もしかしたら片栗粉ではないかもしれません。

このカリカリ感が味わいたくて味わいたくて、楽しみにしております。

www.gyo-za.co.jp

 

一番うまいかどうかは、人それぞれですが、興味ある方は一度試してみるのもいいのかもしれません。値段を調べてみますと、1000円で40個入りぐらいなので、べらぼうに高いというわけではありません。

 

日常のちょっとした楽しみでした。

 

 

そして日々は続く

ポケモンスマイル、、、さすがや!

子どもが小さいときは、(おおっきくなってからかも?)自分の意図とは違う行動をするものです。すんなり朝の準備ができないことも多いです。歯磨きなんかも気分によってイヤイヤ言うこともまぁあります。

そんなときにお役立ちなのが「歯磨き勇者」や「ポケモンスマイル」。

スマホのアプリなのですが、はみがきのブラッシングに合わせて敵をやっつけたりして、どんどんレベルアップするアプリです。これで、ムラのあった歯磨きが、ゲーム性をもって楽しめるようになりました。

はみがき勇者がもともともアプリなのですが、その技術をポケモンに生かして、ポケモンスマイルというのができたらしいです。

litalico.co.jp

 

ポケモンすごいなと思ったのが、こちらです。

f:id:KAWORU:20210221221855j:plain

ポケモンスマイル登録画面

基本、これは子ども向けのアプリです。

なので、私(大人)も時々しますが、プレイするのは子どもです。

なのですが、性別選択のところに「おとこのこ」「おんなのこ」だけでなく「どちらでもない」という選択肢があります。

自分が、男なのか女なのかというアイデンティティは社会的に影響を受ける側面があります。たとえば「男の子なんだから!」と言われたり、「男勝り」や「女の子らしく」など言われることがあるでしょう。

それって、生物学的な根拠よりも、社会的に男性、女性とはこうあるべきという影響を受けています。

そう考えると、小さい子ほど、自分がどういった性なのかは曖昧なのかもしれません。

なので、無理におとこのこ、おんなのこに当てはめて選択しなくても良いはずです。

それを考えてか、どちらでもない、という項目があることにさすがや!と思いました。

たとえ、自分の性に違和感があったときにも、どちらでもないという選択肢があれば、変なモヤモヤがなくていいと思いました。

今ある当たり前を、当たり前のように違うと行っているような気がして、ポケモンスマイル開発者の意図を想像して感動しました。

 

 

そして日々は続く

今日も元気よく元気なく過ごしております

今日も一日が終わります。

自信をもって元気よく元気ないことに「はい!」と言えます。というぐらい、今日もやり切りました。

人と関わることが多かった今日一日。朝からずっと人と話をしていました。

朝から訪問して2時間の談話。

かえって1時間の面接。

その後オンラインで90分面談。

その後30分の面談。

その後50分の電話。

人と関わることは、オンラインになったりと物理的な距離はあくことが増えたかもしれませんが、人と関わることなくして人は生きていけないですね。

何気なく、おはよう、ということもかかわりでしょうし、誰かをけなすこともかかわりだと思います。

何気なくやっている所作もあるのでしょうが、今日は意識して行うことばかりだったので、やり切った感があります。

なので、元気というもは減ったかもしれません。

 

元気ってなんでしょうね。

例えば、健康じゃない状態を病気としますと、虫歯一本あっても不健康ですし、糖尿病などの疾患があっても不健康です。

でも、でもですね、糖尿病だけど元気!高血圧だけど元気!虫歯があっても、、、と元気と不健康は違うのです。

時々、健康イコール元気みたいな言葉の使い方はされますが、元気という場合、気持ちの在り方みたいなものを聴かれていると思います。

病気だから元気がない、ですとか。健康だから元気です、というわけではないところが興味深いです。その人の生活の充実感や満足度、そういったことに左右されるのでしょう。ストレスや困難も時に人によっては充実を与える要素にもなりえます。

なので、保護的だからといって良いというわけでもなく、適度な負荷は元気には必要なのでしょう。

お金がなくても、元気になれるのです。それだけは間違いなく言えることだと思います。

ただ、私はお金とゆとりが欲しいものです。

 

そして日々は続く

今日も何気ない夕食。何気ないですがおいしい夕食。

なんとなくですが、最近疲れています。

なんとなくですが、体が重い気がします。

「なんとなく」というのが厄介でして、いっそのことしんどい~!ってなれば、自他ともに休むことができるのでしょうが、なんとなくだと、なんとなく頑張ってしまう今日この頃です。

そんな何気ない毎日ですが、何気なく夕食を食べております。

f:id:KAWORU:20210217230830j:plain

夕食

そんなに華やかではないのですが、この夕食が五臓六腑に染み渡ります。お味噌汁の程よいしょっぱみと魚の歯ごたえ。ショウガとかぼちゃのコラボ。はむはむと食べていると、日常を取り戻している感覚が高まって、気持ちがすっーーーーっと静かになります。

食べるっておなかを満たすということ以外にも、気持ちのバランスを整えるという効果もあるのかもしれませんね。

華やかなディナーよりもこういった日々の食事に、生活を落ち着かせる何かがあるのかもしれませんね。何気なさの中にある贅沢かと思いました。

 

あー肉が食べたいです。

 

 

そして日々は続く。

遅れてやってきた肉の日。サンチュがあればいくら食べてもゼロカロリーという妄想

2月9日は肉の日。

何かと理由をつけて肉を食べることがなんとなく正当化される日。

バレンタインデーは好きな人に告白するのが正当化される日。正当化も何も好きな人にチョコを上げて告白することを止めるものはありません。要は背中を押してくれる何らかの理由がほしいわけでございます。

というわけで、2月9日は理由をつけてお肉を食したわけです。

f:id:KAWORU:20210215205421j:plain

お肉

色々と考慮することがあり、フライパンで焼いた肉です。
横によういしたのはサンチュ。
野菜は健康に良い。サンチュは野菜。サンチュは健康に良い。

気になるのはカロリーですが、サンチュでぐるぐる巻くと食物繊維あ肉を抑え込むのでゼロカロリーです。

なのでいくらでも食べても大丈夫です。

どんどん、( ̄〜 ̄)むしゃむしゃ。

美味しゅうございました。

 

後悔したのは次の日の体重計に乗ったとときです。それなりの積み重ねになっておりました。

 

 

そして日々は続く。

バレンタインデーはチョコを大義名分をもってどうどうと自分に買える日

バレンタインデーですが、いつからチョコを上げる風習になったのでしょうか。義理とわかるブラックサンダーにするか、スーパーの推しにのっかるか、いつも通り安売りのチョコを買うのか。いろいろな選択肢があります。

他者ありきで買える買い物です。この時期、日ごろ見ない種類のチョコが巷に出てきます。ありがたいことに、いつもチョコを買っている身としては、この時は選べる種類が増えます。

それを日ごろ買うには抵抗がありますが、この時期だけは自分に対してよい言い訳ができます。

他者に挙げる前提のイベントで、自分に挙げる理由を作ることができる素敵なイベントだなと思いました。

せっかくなので子どものお弁当はハートマーク。

さて、どうおもってくれるくれるのでしょうか。

f:id:KAWORU:20210213232249j:plain

お弁当

はい。特にコメントはありませんでした。

そんなものでしょう。コメントがないのも一つのコミュニケーション。

楽しんでいければと思いました。

 

今日のひとこと・・・

情けは人のためならず

(情けは他人のためにあるんじゃない。自分のためにあるのだ)

チョコは人のためならず
(チョコを買うのはひとにあげるためじゃない。自分で食べるためだ)

 

そして日々は続く